東伊豆 片瀬漁港から旬をお届けします!活き活き旬魚セット

東伊豆の海から旬をお届けします!
活き活き旬魚セット

毎朝定置網漁で水揚げされる東伊豆の鮮魚の中から、店主がしっかりと目利きした選りすぐりの鮮魚の中から、おすすめのセットにしてお客様のお手元にお届けします。

旬を迎えた本当においしい魚をお届けしますので、きっとご満足頂けるはずです

約3kg! 活き活きお魚たっぷりセット

内容量:約3kg(5~6人用)
写真は詰め合わせ例です。

約3kg! 活き活きお魚たっぷりセット

いろいろ入ってこの価格!
3魚種以上で中身は店主の目利きにお任せ!
(季節や水揚げ状況によって中身が変わります)
販売価格:4,500円(税込)

お電話にてご注文ください。
水揚げのない日がありますので、お届け日の指定はできませんので、予めご了承ください。到着時間はご指定いただけます。
鮮度保持のため、お届けは本州エリア(一部地域を除く)に限らせていただきます。(東北地方、中国地方では14時以降または18時以降のお届けとなる場合がございます)
消費期限は商品到着後1~2日となります。

ご注文いただいた多くのお客様よりご好評の声を頂いています!

ご注文いただいたお客様よりたくさんのご満足の声を頂いています!

東伊豆の魚介類はここが違う!

1.伊豆の海は魚介類が育つには最高の環境が広がっています。

1.伊豆の海は魚介類が育つには最高の環境が広がっています。

伊豆の海は暖流の黒潮と寒流の親潮とがぶつかり合う地域であるとともに、湧昇流という現象によって植物性プランクトンが豊富な海です。
さらに、切り立った海岸線が多くの稚魚を育んでいます。

そのため多種多様な魚介類が栄養豊富な海ですくすくと育ち、どんどん大きく、美味しくなるのです。

2.伊豆半島の自然が生き物を育んでいます。

2.伊豆半島の自然が生き物を育んでいます。

農林水産業者の間では「森は海の恋人」と呼ばれています。
海の生き物を育てる豊かな水は深い森で生まれます。森は、降った雨をいったん葉や土壌の中に蓄えてから、栄養たっぷりの水にして川や海へと流します。その栄養が東伊豆の魚貝類を豊かに育んでいるのです。
魚にとって、森の存在は生命の源であり、森で生まれた栄養たっぷりの水が、東伊豆の海の幸を豊かに育んでいます。

ご購入はこちら

東伊豆の海で水揚げされる代表的な魚介類

金目鯛(きんめだい)

金目鯛(きんめだい)

東伊豆を代表する魚で一年中水揚げされます。
旬は初夏の産卵期前と初冬。特に東伊豆で水揚げされるものは脂の乗りが素晴らしく、
刺身はもちろんのこと、くせのない身は煮つけや揚げ物、焼き物、蒸し物、鍋の具など様々な料理に使えます。
新鮮なものは目が金色に光り、体色がとても鮮やかな朱色をしているため美しく、
祝いごと等の料理にも使われます。

目鯛(めだい)

目鯛(めだい)

水深80〜400メートルに生息する深海魚で、大きくなると1メートル程にもなります。グレーの魚体は細かいウロコとネトネトの粘液に覆われています。
旬は秋から冬にかけてですが、東伊豆では年間を通して水揚げされます。脂が乗って身がしっかりしているメダイを、刺身やカルパッチョなど生で食すると程よい歯ごたえと甘みがあってなかなかの美味です。
脂のないものでも、クセの無い白身なのでフライやムニエル、照り焼き、蒸し物などで料理すれば柔らかな食感と後味を残さない上品な甘さを感じることができます。
大型の魚なので歩留まりも良くきれいな白身ですし、また価格も手頃なので量が必要な時などで重宝される魚です。

むつ

むつ

脂の乗りや、身の旨味が素晴らしく極めて美味な高級魚。
「寒ムツ」といわれる寒い時期は特に脂が乗って最上の味わいになります。身は白身で柔らかくくせもないため、刺身をはじめ塩焼きや煮つけにして良く、また洋食材にも使われ料理法を選びません。
もちろん骨や頭からは最上のダシがとれるため、それを利用した滋味あふれるアラ汁は芳醇な香りがたち、食欲をそそります。

皮剥(カワハギ)

皮剥(カワハギ)

旬は冬。身の締まった魚で、フグのように薄造りにすると大変美味しいです。
また、煮魚、ちり鍋、バター焼き、唐揚げにもよく合います。
キモ(肝臓)が大変珍味です。

笠子(かさご)

笠子(かさご)

磯の魚として知られており、東伊豆では一年中水揚げされます。旬は冬で身が締まり脂の乗りも良くなります。
新鮮なものを刺身にすると透明感のある美しい身質をしており、味もとても上品です。カサゴの仲間は全般に頭が大きく、刺身にするには歩留まりが良くありません。しかし、その頭や骨からは旨いダシが出るため、煮つけや汁物、鍋物にして食するのが良いでしょう。
また、小ぶりのものならカリカリに揚げることで、骨ごと食べられる唐揚げなども
おすすめです。